捻挫

関節が捻った

捻挫の疑いがあります

# 捻挫とは #

捻挫とは呼んで字のごとく「捻る(ひねる)」「挫く(くじく)」ことです。
関節に不自然かつ強い力がかかって靭帯を損傷した状態を指します。
足首・手首・指の付け根・肩・膝など、関節のある部分ならどこでも起こりえます。
 特に多発する部分は頸椎捻挫(むち打ち症)・腰椎捻挫(ぎっくり腰)・足関節捻挫(内反・外反)などに多く見られます

# 捻挫のレベル #

レベル1:腫れも痛みも軽く、一時的に靭帯が伸びてる状態

レベル2:靭帯の一部が切れている状態

レベル3:靭帯が完全に切れており、関節が不安定な状態

        整骨院では主にレベル1.2の施術が可能です。

# 施術方法 #

  • サポーターや包帯・テーピングを着用
    着用によって局所への負担を減らすのは必須です。
    現在は絶対安静よりも適度な負荷をかけて歩く方が回復の能力が高いと言われています。
    サポートを行い回復能力を高めます。
  • 電気治療 
    立体動態波やハイボルテージ、マイクロカレントなど痛みに合わせて行います。
    立体動態波やハイボルテージは炎症作用や痛みの抑制
    マイクロカレントは微弱の電流で治癒能力を高めるのに効果的です。
  • 鍼灸治療
    ツボにアプローチを行い、血流循環の促進・筋肉の柔軟性の改善・治癒促進の効果が見込めます。
    当院では使い捨てのディスポ鍼を使用しています。
  • リハビリ
    捻挫から復帰していくためにストレッチからリハビリの段階を見極められます。
    筋肉が軽く伸びる程度にゆっくりストレッチをしてみます。1回20秒で、回ほど行ってみて痛みを感じなければ、
    徐々に強度を上げていきます。
    安静にしている間に筋肉の機能は動かさないことで低下していき、関節の不安定性が生じます。
    動かさない時間が長くなるほど、関節の動きが悪くなり、急性期後は徐々に積極的に動かしていくようにします。

# コンセプトCONCEPT #

整骨院鍼灸院では、ぎっくり腰や関節痛、スポーツ障害・外傷、
交通事故による鞭打ち症状、その後遺症、治療
不定愁訴の痛み、苦しみなど東洋医学まで健康維持や健康増進まで
皆様の健康に関するサポートをさせていただきます。

#整骨院 鍼灸院一覧